たかが牡蠣サプリ、されど牡蠣サプリ

たかが牡蠣サプリ、されど牡蠣サプリ

亜鉛サプリって何?

亜鉛サプリとは「亜鉛」を摂取することに特化したサプリメントのことです。亜鉛のみしか含まれていないサプリは少なく、多くの場合はほかのミネラルを組み合わせたり、牡蠣のように食品の栄養素を補給しながら亜鉛摂取する商品もあります。

 

なぜ亜鉛がサプリメントとして売られているかというと、亜鉛は必須ミネラルで体には不可欠だからです。それなのに日本人の多くは不足している人が多く、亜鉛サプリを摂取して体調が改善する人が多いと考えられています。

 

亜鉛は様々な働きを持っているため、亜鉛が不足していれば体の不調を感じてしまいます。病気になるまで症状が酷いわけではないが、未病とも呼べる何となく調子が悪いという感じになることがあります。

 

亜鉛は毎日必ず摂取しなければならず、体の中ではつくることができないため、不足している方が亜鉛サプリを飲めば何らかの変化を感じやすくなるのです。薬ではありませんが、体に必要な栄養素を補給すれば何となく体の調子が良くなるのはお分かりだと思います。

 

私たちの体は毎日食べたもので作られており、絶対に必要となる栄養素が不足するのは避けなければなりません。
現代人は忙しく栄養面まで気を使える人も少ないため、亜鉛サプリが役立つわけです。

 

より詳しい亜鉛サプリの内容は? 

亜鉛サプリを選ぶ最低限の条件

亜鉛サプリは何でも良いわけではありません。亜鉛は薬ではありませんが、必須ミネラルのため不足している方が飲めば何らかの効果を感じやすくなっています。しっかりと補給するためにも最低限考慮しておきたい条件があります。

 

@ 牡蠣などの食品から作られている
亜鉛サプリの原料には合成のもの、牡蠣やしじみなどの食品もあります。毎日不足している栄養素を補うのがサプリメントですから、できるだけ食品に使い商品を選ぶことが大切です。合成サプリは亜鉛が過剰摂取しやすいのに対し、食品の原料のものは栄養が複合的に含まれ相乗効果が得られるのが特徴となっています。

 

A 亜鉛の量をチェック
亜鉛は多ければ多いほど良いということではありません。亜鉛の量が多い食品は牡蠣がトップクラスです。ほかにもスッポンやしじみなど魚介類を原料にしている商品もあります。1日の上限は亜鉛が30mgを目安にしましょう。

 

B 余計な成分が含まれない
食品に近いサプリを選んだ方が体に負担が少ないため、できるだけ防腐剤や着色料などの添加物が少ないものを選びましょう。天然原料100%の商品を見つけることは難しくても、極力無添加の商品を選ぶことはできます。

 

C おすすめは牡蠣サプリ
上記3つの条件を総合すると牡蠣を原料としたサプリが一番良いといえます。

天然サプリは過剰摂取になりにくい

亜鉛サプリを選ぶ際には天然原料を目安に選ぶようにしましょう。天然原料を使っている商品は亜鉛の含有量が多くなりすぎることが無いからです。それが合成の亜鉛だと1日分で30mg以上にすることも可能となってしまうのです。

 

亜鉛は体に必要といっても過剰摂取でほかのミネラルとのバランスが悪くなり、吐き気・下痢・貧血などの症状が出ることがあります。1日の目安は30mgまでです。通常のサプリでは1日分で10mg以下の亜鉛含有量も多く、パッケージに記載されている目安で正しく服用すれば問題ありません。

 

もし食事で亜鉛を摂取しすぎたとしても、天然原料なら体に蓄積されず不要な分は排泄されるため影響が出にくくなります。体には不要なものを排泄する働きがあるため、天然原料のサプリを選んでいればそれほど過剰摂取は気にする必要は無いでしょう。

 

合成のサプリだと体に負担となる成分も含まれていることが多く、多く飲みすぎれば解毒のため内臓に負担をかけてしまう恐れがあります。解毒は肝臓が行っていますから、合成サプリを飲みすぎている方はそれだけ肝臓に負担をかけていると考えてみてください。

 

さらに持病で薬を飲んでいれば肝臓の負担はますます増えることになります。サプリは極力体に負担をかけず、必要な栄養素のみを吸収する考え方がおすすめです。

関連したサイト

亜鉛サプリ5・・・亜鉛サプリ人気ランキング≪亜鉛サプリの正しい選び方≫

亜鉛はこまめに補給しよう

亜鉛は体に蓄積することが難しいミネラルです。そのため食品から摂取する場合は、規則正しく3回などに分けて摂ることが求められます。本来は朝、昼、夜と3回の食事で亜鉛を摂取するのが一番なのですが、忙しく朝食はパンのみの方は亜鉛が不足してしまいます。

 

3度の食事でしっかりと亜鉛が摂取できている人は問題ありませんが、なかなか分けるのが難しいと考えるならサプリに頼ったほうが良いでしょう。

 

亜鉛サプリもできれば朝、昼、夜と3回にわけて飲むことをおすすめします。もし1日の服用が1錠のみだった場合は、不足しがちな時間帯に飲むほうが良いといえます。3錠飲む場合では1錠ずつ3回にわけて飲むとバランス良くなります。

 

亜鉛は体に溜め込むことは難しく、さらに排泄も早いためできるだけ分けて飲むほうが良いのです。
 
亜鉛サプリを選ぶ際には1日に飲む数でも比較してみてください。合成サプリの場合は1錠のみでも良いことが多く、3錠や4錠など数が多い商品は牡蠣などの天然原料を使用していることが多いようです。牡蠣を原料にしたものを選べば、だいたい1日に必要な量は2錠以上となるため、分けて飲むことができます。

 

天然原料のサプリを飲む量が多いのは、牡蠣には色々な栄養が含まれているからです。1錠に凝縮することは難しくなっています。

 

より詳しい亜鉛サプリの内容は? 

亜鉛サプリを飲むタイミング

亜鉛サプリの商品には飲む時間帯やタイミングは指定されていません。食品と同じ位置づけとなっており、食品から栄養を摂るのと同じだからです。そのためいつ飲んだ方が良いという指示は記載されていません。

 

しかし、飲むタイミングの目安はあったほうが良いという方もいるでしょう。一番のおすすめは食後3回に分けて飲むことです。亜鉛は空腹時に飲むと稀に胃痛を感じる人がいるため、胃に食べ物が入っている時間帯のほうが負担が少なくなります。

 

3回に分けて飲むことで体の亜鉛濃度を一定に保ちやすく、サプリの効果を得られやすいと感じられます。

 

食後に飲む場合は亜鉛と相性が悪い食事をした後は少し時間を置いた方が良いかもしれません。亜鉛は食物繊維や食品添加物との相性が悪くなっており、食事の内容によっては飲む時間帯を少しずらすことをおすすめします。

 

逆にすぐに飲んでも良いのはたんぱく質を多く食べたとき、ビタミンCやクエン酸が含まれる食事の後です。この場合は亜鉛との相性が良く、ビタミンCやクエン酸のキレート作用により亜鉛を包み込み吸収を高めてくれます。

 

飲む時間帯を食事ごとに調節するのが難しい場合は、食後すぐでも構いません。1日数回に分けて飲めば吸収率についてはそれ程重要としなくても大丈夫です。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ